2008年07月19日

新・書店員雑感0.5

実質の書店員雑感12、憤懣遣る方無い。

今の職場に入って早4ヶ月、色々な出来事はあったし、その都度思う所もあったけれど今日まで書く事は無かった。
けれど、此処に来て如何にも理不尽な(私がそう思っているだけかもしれないけれど)話が降り掛かって来たので、記して置こうかと。
まぁ、こんな遅い時間に文章を書き連ねるのは明朝の出勤に差し障るので後日に取って置く事にするが。

やりたくない事も多少は我慢してやるのが仕事だろうと、白川氏に言われた。
その通りだと思うし、そうするのが大人なんだろう。
けれど私は、自分のやりたい事の為にやりたくない事をやらなきゃならないのは我慢出来ても、端っから興味も関心も無い、全くやる気の起こらない事をやらされるのは我慢ならないのだ。
否、上長の命令だからやるにはやる。
やってみなければ解からない事も多いだろう。
この苛々を上が解消してくれるよう努めてくれる事を願うばかりだが、きっとそんな事はしないのだろうなという確信めいた予感がある。

やはり書店員は、私のやりたい仕事ではない。
この不満も憤りも、この仕事を辞める為の起爆剤に変えなければいけない。

きっと上は何も考えちゃいないんだろうな、と考えるとそれもまた腹立たしいのだが、それはある意味救いであるかもしれない。
それにしてもなぁ……ホント駄目な職場だと思うよ。
posted by Yatsumi at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 新・書店員雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

新・書店員雑感(予告編)

こゝが地獄の一丁目、汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ

と言う事でまた書店業、書店員の仕事へと舞い戻ってしまう羽目に。
今度の勤め先は洋書や文具で有名な某老舗書店、勤務地が羽田空港で時給高めなのが救いと言っちゃ救いかな?
しかし研修で本社ビルまで行って来たけど、何かもう無性に疲れた。
都合7時間の座学って時点で肩は凝るし、書店員としての接客も約半年やってないから色々錆付いている所があったりするし。
会社の雰囲気がもうガチガチにお堅くて(頑固なのは嫌いじゃないんだけれど)、それに当てられてしまった感もある。
夕飯を作る気力もすっかり失せて、仕事帰りの白川氏と待ち合わせて外食してしまったじゃないか……こっから先は節約せななぁ。

最初からどうも萎え気味でスタートしてしまったけれど、土曜日の初出勤はちょっくら気合入れて頑張りますかね。
シャツにネクタイが基本だから、慣れるまではやっぱり肩凝りそうだけど。
折角だからこの機会に、其処ら辺の洒脱を身に着けられると良いねー
posted by Yatsumi at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 新・書店員雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。