2010年06月05日

三千世界の烏を殺し

主と朝寝がしてみたい。

まぁ、飢えているとか欲求不満とかそういう事なんだろうけれど、勇儀姐さんと寝ている夢を見た。
地霊殿はインストールすらしていないのに何で?という思いと、どうせなら神奈子様やめーりんが良いなぁ……という願望とで目覚めた時は複雑な気分だったのだが、陽が高くなっても閨で睦言を交わしているような怠惰な姿を想像したら、やっぱり勇儀姐さんが一番しっくり来るかなと後になって腑に落ちる。
確かに赤襦袢とか似合うよなぁなんて妄想していたら、成る程私の中では勇儀姐さんが色事担当なのかと気付いた昼過ぎ。

多分、前夜に山田風太郎とか読んでいたからなのは間違いない。

しかし芸妓や花魁の格好をさせるとしたら、本命は勇儀姐さん、対抗はゆうかりんだろうか。
大穴というかスキマに紫、え?全体的に薹が立ち過ぎているって?
じゃぁ、雛で勘弁して。
posted by Yatsumi at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。