2010年06月02日

私は悲しい

BGMはあかべぇそふとつぅ「置き場がない!」より「ヤルセナイザー音頭」でどうぞ。

こんな話をするのも馬鹿げている気がするけれど、この国の民度(そもそも民度なんて言葉自体が大嫌いなのだが)の、政治的な面での低さには悲観や諦観を通り越して哀愁を覚えてしまう。

鳩山総理がこのタイミングで辞める必要なんて全く無かった。
勿論普天間問題の不手際や政治資金不正疑惑、口蹄疫体策の遅れなど批判されるべき所は大いにあるが、8ヶ月しか政権を運営していない内閣にあれもこれも全部解決!なんてミラクルが出来る訳もなし。
その辺の力不足も端っから承知の上で政権交代させたんじゃないのか。

そもそもにして民主党は自民党を出て行った連中と、社会党の半分と細川政権時代の泡沫政党が一緒になって出来た党だということを忘れているのだろうか。
大物政治家なんて叩けば埃が出るのは当たり前だと思う。
それは在日米軍が基地や艦船に核兵器を持っているのと同じくらい当たり前だと思う。
その上でそれを悟らせない強かさとか腹黒さを持っているのが政治家なんじゃないのか。

普天間移設問題だって同じ。
地政学上、普天間や嘉手納規模の米軍基地が置ける場所は奄美群島〜沖縄諸島〜先島諸島しか有り得ず、交渉すら拒絶された拙さは如何しようもないけれど、私案とはいえ具体的な移転場所を提示したのは評価に値すべき話ではなかろうか。
(一応スタンスを明らかにしておくと、私は史学的見地に基づく在日米軍基地の消極的容認派である、長ったらしいな。)

それをまぁ報道も世論も挙ってダメ出ししかしないのだから、この持ち上げるだけ持ち上げた上で叩き落す的な手段の汚さ、これを平然と遣って退けるあたりが恥ずべきことだと気付かないのだろうか。
言えば言うほど遣る瀬無くなるのでこれ以上は止めておこう。
全く以って悲しいと言うか、虚しいと言うか。
posted by Yatsumi at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151933779

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。