2010年07月07日

火を噴くような説教

院政を放り出して何故かイタリア史的な小話を。

欧米の言語ってのはご承知の通りラテン語ベースで形成されてるのだが、各国の言葉を見ると同義語でも語源が違うってのが割と存在する。
主に仏・伊・西と英・独・蘭あたりで分かれている気がするのは地域的というか語圏的なところに因るんだろうなと思うが、言語学には明るくないので考察は省く。
まぁそんな風に思ったのは、イタリア語の日曜が"Domenica"で、ま、まさかこれはドミニコ会と何か関係がっ!な、なんだってー!?と思ったから。

ドミニコ会といえば、フランチェスコ会と並んで清貧を貫くことで有名な托鉢修道会である。
なんでドミニコ会と言うかは、創設者が聖ドミニコだからで、じゃぁ聖ドミニコって何者?ってことになると、この人はカスティーリャの人だそうな。
で、名前がスペイン語で"Domingo(日曜)"、これはラテン語の"dies Dominicus(主の日)"から来ているのだろう。
ドミニコ会とは直接の関係はないと言うことがあっさり判明してしまった、意外と詰まらん。

さてドミニコ会といえば、パッと思い浮かぶのはやはりジローラモ・サヴォナローラであろうか。
激烈な説教で市民を虜にし、フィレンツェからメディチ家を追放し、共和国の政治顧問となり神政政治を行い、美術品や工芸品を堕落と虚栄の象徴としてキャンプファイヤーにしたり、終には教皇庁の批判まで繰り広げて破門されたり、とまさにやりたい放題。
まぁ最後は自分の導いた共和国に逮捕され火刑というオチが待っているわけだが、その辺の教会批判やら信仰に立ち返るべしという主張やらが宗教改革の先触れとされることもあるらしい。
詳しいことは追々調べたいと思うが、サヴォナローラが活躍した時代の教皇といえばあの悪名高きアレクサンドル6世である、ここ注意すべきポイント。
しかし昨今の私の現実逃避っぷりはサヴォナローラ辺りからすれば火あぶりどころでは済まされないかもしれない。

ところでこの時代のスペインといえばレコンキスタが終わって国内の安定化を急いでいる最中で、キリスト教に改宗したユダヤやムスリムを「異端のくせに生意気だ、メッタメタのギッタンギッタンにしやる!」と大暴れしだした時期。
時の法王でさえやり過ぎだと危惧した異端審問を、スペイン王に認めさせたのが、バレンシア出身のロドリゴ・ボルハ枢機卿、後のアレクサンドル6世である。
別に隠してるわけじゃないけれど、ボルハをイタリア語読みにするとボルジアだったりして。
何だかイタリア史じゃなくてスペイン史みたいだな。

結局何が言いたいのかというと、皆でスペイン宗教裁判のスケッチを見なさい。

(赤服を着た3人組の男達が突然現れる)
"Nobody expects the spanish inquisition!"

Monty Pythonのスケッチはやっぱりスペイン宗教裁判とSPAM!が最高だよね。
映画なら勿論Holy Glail。
posted by Yatsumi at 20:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

die meistersinger von nurnberg

真夜中に聴き比べたりなんかして、メロディーを口笛なんか吹いてみたりして。
自分じゃ冷静でいる心算なのだけれど、実は結構追い詰められているのかもしれない。

でなければ、前奏曲の口笛がふと聴こえてきたりしないかな、なんて思う筈ないじゃない。
posted by Yatsumi at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。