2012年05月02日

久し振り過ぎて

辛うじて覚えていたパスを入力したら、なんだかユーザー情報を設定してとか言われた。
そんなんしらんわー、と割とどうでもいいのでテキトーに。

最近はもうずっとこっちで書いてるが、気が向いたらまたこちらも書くかも?かも。
posted by Yatsumi at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

5年目のJK

あれから4年、早いものでもうラグビーW杯がやって来た。

第7回大会はラグビーの王国、ニュージーランドでの開催。
開幕戦のオールブラックスVsトンガ、スコットランドVsルーマニア、フランスVs日本、イングランドVsアルゼンチンと一昨日から続けて観て来たが、やはりW杯は良いものである。

さて、JKことジョン・カーワン日本代表コーチの成果を世界に示す初戦、フランス戦。
最終スコアは47-21と6トライを奪われての完敗だったが、改めて日本の強さと弱さが浮き彫りになったという点では非常に収穫の大きかった闘いだったと思う。
なにせ後半の途中までは25-21と4点差まで追い詰めたのだから。

4年前と比べて明らかに違う点としてアタックの速さ、スタミナの継続が挙げられると思う。
第6回フランス大会ではスクラムで負け、接点で負け、バックスには独走され、最後は足が動かないというラグビー弱小国の典型例みたいな姿だったのだが、今回は随分改善されていたのではなかろうか?
終盤にはやはり足が止まっていたという指摘はあるけれど、それでも良く頑張っていたと私は評価したいかな。

結局、フランスに取られたトライは全てディフェンスラインを抜かれてゴールラインまで独走されるというパターン。
原因は「モールに投入する人数が少ないとボールが取れない→自然ラインの人数が減る→抜かれた後に追いつけない、フォローが出来ない」という流れなんだろうけど……これはもうフォワードの地力を着けるか少ない人数でディフェンスをカバーするかしかないからなぁ。
この点は相変わらず課題ではあるが、フランスのアタックを何度も跳ね返すシーンもあった事を忘れてはいけない。

それ以上に思い知らされたのは4点差まで迫られてからのフランスの強烈な突き放しである。
NZvsトンガもスコットランドVsルーマニアもそうだけど、相手にある程度良い試合をされても何だかんだで最後はキッチリ試合を決めてくるのは、これはもう伝統国のストロングポイントと言って良いだろう。
それを日本に置き換えるならば、苦しい時間帯にハンドリングエラーやファールをしない事や相手の攻撃を確実に潰し続ける事などをずっと続ける力だろうか。
これは一朝一夕、並大抵の事では得られないレヴェルの力なのだけれど、その力を付ける為には如何すれば良いのか?を突き詰めて行く事が2019年大会のホスト国には求められるに違いない。

8年前、4年前に比べれば間違いなく進歩しているし、まだ我々には8年という時間が残されている。
その糧とする為にも、次のオールブラックス戦、そしてトンガ戦、カナダ戦と日本の底力を見せ付けて欲しい。
posted by Yatsumi at 18:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

今更

四半世紀以上経って今更というのが全く以て救いようのない話であるのだが、最近漸く自分が極端にマイペースなんだなと気付いた。
そりゃあーた、周りに合わせて動こうとすると支障が出るに決まってるわな。
しかし巧いこと折り合いをつけないと暮らして行くのも大変である、いや、むしろそんな面倒なことは全く無視して生きて行ければそれに越したことはないと心から考えるようになっているのだが。

効率良く、という言葉が嫌いなのもそんな所に理由があるのだろう。
思えば昔から随分、効率が悪いと言われることがあったのだが、特に改めようとも思わない辺り向上心がないというか仕事に対して熱心でないというか……否、それもまたマイペースであり、また腑に落ちないと、得心しないと身に付けようとしない故であろうか。
自分で思っていた以上に凡才であることもなんとなく解っているのだが、ではそのまま意識まで平凡な所へ落とせるのかというとそれはまた甚だ疑問である。
いや、それは無理だと断言出来そうだ。

根は結構鉄鍋なのに、流れるまま流されるままも嫌いではないという、かといって己を曲げる心算は全く無い。
自分でも相当難儀な生き方だと実感はしているのだよ……そんな私の明日はどっちだ。
posted by Yatsumi at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

五丈原に星墜ちて

先日の今敏監督に先立って人形アニメの巨匠、川本喜八郎先生がお亡くなりになっていた。
道成寺、平家物語、死者の書と代表作に挙げられる物は人それぞれだと思うが、私にとって川本作品と言えばなんと言っても人形劇三国志である。
NHKの人形劇から三国志に入り、区立の図書館にあったあすなろ書房の子ども版三国志で演義の世界に踏み出し、岩波少年文庫の後に爆笑三國志経由で蒼天航路、恋姫無双と歩んで来た気が……あれ?まともな三国志読んでないのか!?
取り敢えず図書館あたりで吉川幸次郎を借りて、吉川英治を借りて、北方謙三、陳舜臣、宮城谷昌光と続けて読んでみようかなぁ……あれ?この間まで読みたかった指輪物語は、って話だが。

ともあれ、子供心ながらに感動を与えてくれた作品であっただけに、その人形師たる川本先生の訃報もまた残念としか……
んでもって長野は飯田市の人形美術館へは行かざるを得ないワケだが……一緒に行って一番喜びそうだったヤツももう居らんのだよなぁ。
巨星墜つ、心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by Yatsumi at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

安全保証の補陀落渡海

今敏監督の訃報に只々呆然とするばかり……パプリカは大好きな映画なのだが、もう二度とあんな作品が生まれることはないと思うと哀しくなる。
現在は公式HPにアクセスし辛い状況が続いているが、復旧したら過去のブログを読むことにしよう。
いや、パプリカの公式ブログを見るだけでも今監督のワケの分からなさを充分に堪能することは出来るのだろうけれど。
ともあれ、これからのアニメーション映画を引っ張って行って欲しかった人物が、この段階で亡くなってしまうことが非常に惜しまれる。
どうか安らかな眠りを、心からのご冥福をお祈り申し上げます。
posted by Yatsumi at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

折角夏なのだから

少しは夏らしく、いや、涼を感じられるような話でもしようかなと。
先週末辺りから風邪気味だったが、いよいよ症状が明らかになってきて昨晩は13時間ばかり寝ていた。
まぁそうしたらこんな夢を見たのだが……

幽体離脱、という現象がある。
いや、本当にあるのかどうかは解からないが、そういう話がある。
死の淵をさ迷っていたらいつの間にかとか、或いはクシャミ一発で気が付いたらとか、まぁ色々な原因があるようだが自分の魂とか霊とかそんな感じの存在が肉体からニョロっと抜け出してしまうことを言うようだ。
こうやって書いていると六条御息所みたいな生霊もいわゆる一つの幽体離脱なのかもしれないが、概ね飛び出てしまった魂がさてどうやって戻ろうかという話になると思う。
そう、私は夢の中で幽体離脱をしていたのである!

周りは真っ暗な状態で、夜目に慣れているから薄ぼんやりと辺りの景色が分かる。
布団の大きさや家具の配置、天井の高さ、うん、これは間違いなく私の部屋だ、と認識した。
しかし自分の意識はどうも布団の上ではなくて、天井間近な所にある、部屋で言うと2mくらいの中空に仰向けで浮いている。
おお、これが噂の幽体離脱というヤツか!?ならば早速私自身の寝姿を確認せねば!と思って下方向を振り向こうとする、その瞬間……

なんと言うことだろうか、私は自信の肉体を振り返る間もなく、その肉体に急激に引き寄せられる感覚に襲われたのだ。
空間的には1.5mくらい下降した感じなのだが、更に驚くべきことに、そこから私の霊魂は逆バンジーの如く再び天井へ向かって急上昇したのである!
そして仰向けの姿勢のまま幾度となくビヨンビヨンとゴムに引っ張られるような感覚で(または、飛行機に乗っている時のあの急な下降で身体が浮くような感覚で)床と天井の間を激しく往復し……そのまま意識を失って、気が付けば朝を迎えていた。

……夢、だったんだろうなぁ。
そうでなければ私の魂と魄を結ぶ絆はバンジージャンプ並のゴム製なのかと非常に悩ましい思いをしなければいけなくなる。
紫外線にでも当てれば劣化するだろうが、魂を紫外線に当てるのは難しそうだ。
このゴム紐が千切れるには経年劣化しか残されてないんだろうなと。
posted by Yatsumi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

弔事慣れ

全く以て嫌な話だが、この7年間で知人が5人亡くなっている。
3秒に1人は誰かが死んでいるというのは理解しているけれども、それにしたって20代でこの人数はかなりハイペースな気が……最早自分で若いという程の年齢でもないが、こんなに早い内から離別ばかりに慣れてどうしろと、と困惑気味ではある。

この3月は大学の友人だったが、今度は小中高と一緒だった女性だった。
高校卒業以来全く沙汰が無く、何時か何処かで話せる機会があると良いなぁ程度に思っていただけだったが……改めてそんな自分の態度が悔やまれる。
しかし、ふと思ったのだが、自分にとってこうやって筆を執るような人物は、きっとそれ相当に思い入れやら何やらが存在している証左なのだろうなと。
例え同級生であっても顔見知り程度の中じゃきっと葬式なんて行かないんだろうなと。
そうであれば、どんな状況にあっても悔いが残るのは当たり前な気もするのだ。

原因は良く分らないが、鬱気味だったというのは直接御母上から伺った。
だとすれば自律神経系か心肺系の疾患、或いは自らとも考えられる……そういった子では無かったような気がするのだが、やはり年月は人を変えてしまうのだろうか。
10年くらい前にONEとかAirとかをプレイして、生きている理由だとか存在する意味だとか、そんな答えが出ないことを悩んでいたら「自分の価値なんて自分で磨くしか無い」と竹を割ったような解が帰って来てひどく彼女が大人に見えた……そんな思い出が強く残っている。

しかし、改めて考えると、亡くなった内の1人は事故死なのだが、あとの4人は半ば自分を追い詰めた挙句に逝ってしまった感が強くて、酷く哀しい。
こんな世の中じゃ思い詰めてしまうのも解からなくもないのだけれど……
全く嬉しくも有り難くも無いが、お陰様でか自分が向こう側に引き摺られる事は無くなったと思っている。
むしろ、皆がメメント・モリと大合唱しているようでこりゃ真面目に生きないと駄目だよなぁと心から思わされる今日。
posted by Yatsumi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

火を噴くような説教

院政を放り出して何故かイタリア史的な小話を。

欧米の言語ってのはご承知の通りラテン語ベースで形成されてるのだが、各国の言葉を見ると同義語でも語源が違うってのが割と存在する。
主に仏・伊・西と英・独・蘭あたりで分かれている気がするのは地域的というか語圏的なところに因るんだろうなと思うが、言語学には明るくないので考察は省く。
まぁそんな風に思ったのは、イタリア語の日曜が"Domenica"で、ま、まさかこれはドミニコ会と何か関係がっ!な、なんだってー!?と思ったから。

ドミニコ会といえば、フランチェスコ会と並んで清貧を貫くことで有名な托鉢修道会である。
なんでドミニコ会と言うかは、創設者が聖ドミニコだからで、じゃぁ聖ドミニコって何者?ってことになると、この人はカスティーリャの人だそうな。
で、名前がスペイン語で"Domingo(日曜)"、これはラテン語の"dies Dominicus(主の日)"から来ているのだろう。
ドミニコ会とは直接の関係はないと言うことがあっさり判明してしまった、意外と詰まらん。

さてドミニコ会といえば、パッと思い浮かぶのはやはりジローラモ・サヴォナローラであろうか。
激烈な説教で市民を虜にし、フィレンツェからメディチ家を追放し、共和国の政治顧問となり神政政治を行い、美術品や工芸品を堕落と虚栄の象徴としてキャンプファイヤーにしたり、終には教皇庁の批判まで繰り広げて破門されたり、とまさにやりたい放題。
まぁ最後は自分の導いた共和国に逮捕され火刑というオチが待っているわけだが、その辺の教会批判やら信仰に立ち返るべしという主張やらが宗教改革の先触れとされることもあるらしい。
詳しいことは追々調べたいと思うが、サヴォナローラが活躍した時代の教皇といえばあの悪名高きアレクサンドル6世である、ここ注意すべきポイント。
しかし昨今の私の現実逃避っぷりはサヴォナローラ辺りからすれば火あぶりどころでは済まされないかもしれない。

ところでこの時代のスペインといえばレコンキスタが終わって国内の安定化を急いでいる最中で、キリスト教に改宗したユダヤやムスリムを「異端のくせに生意気だ、メッタメタのギッタンギッタンにしやる!」と大暴れしだした時期。
時の法王でさえやり過ぎだと危惧した異端審問を、スペイン王に認めさせたのが、バレンシア出身のロドリゴ・ボルハ枢機卿、後のアレクサンドル6世である。
別に隠してるわけじゃないけれど、ボルハをイタリア語読みにするとボルジアだったりして。
何だかイタリア史じゃなくてスペイン史みたいだな。

結局何が言いたいのかというと、皆でスペイン宗教裁判のスケッチを見なさい。

(赤服を着た3人組の男達が突然現れる)
"Nobody expects the spanish inquisition!"

Monty Pythonのスケッチはやっぱりスペイン宗教裁判とSPAM!が最高だよね。
映画なら勿論Holy Glail。
posted by Yatsumi at 20:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

die meistersinger von nurnberg

真夜中に聴き比べたりなんかして、メロディーを口笛なんか吹いてみたりして。
自分じゃ冷静でいる心算なのだけれど、実は結構追い詰められているのかもしれない。

でなければ、前奏曲の口笛がふと聴こえてきたりしないかな、なんて思う筈ないじゃない。
posted by Yatsumi at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

わっちかわいいよわっち

今更だが、白川氏から狼と香辛料を借りて読んでみた。

あぁ、わっちが可愛過ぎて生きているのが辛い……

我ながら救い様が無いね、全く。
posted by Yatsumi at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。